CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイド>CFD取引の注意点

CFD取引の注意点 / CFD取引ガイド

CFD取引は、高いレバレッジが可能な金融取引です。CFD取引の注意点では、今後CFD取引を行う上で理解しておきたいリスクや、環境的な問題などを説明していきます。

ハイリスク・ハイリターン商品であることを理解する

CFD取引は、場合によっては自己資本の数倍〜数十倍もの取引を行うことができる投資となります。高いレバレッジはそれだけ投資によるリターンを増幅させる作用がありますが、その度合いに応じて、損失を被るリスクも拡大します。

例えば、株価1000円の銘柄を1000株レバレッジ10倍で取引した場合、1000×1000=100万円の取引となりますが、レバレッジ10倍ですので、必要な証拠金は10万円となります。
仮に株価が1株800円にまで下落した場合、損失は200円×1000株となり20万円となり、預けている証拠金の10万円を超過する損失が発生する場合があります。

 

業者が信用できるかをチェックする

CFD取引は取引所を介さない「相対取引(あいたいとりひき)」です。つまり、CFD取引業者と顧客(投資家)が直接やりとりを行う投資となります。そのため、業者の信頼性も大変重要です。

法的要件である取引業者登録はもちろんですが、それ以外にもネットでの風評や会社の規模などをしっかりチェックするようにしましょう。

 

 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る

 



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]