CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイドCFDの基礎知識CFD取引の特徴>スワップ金利

オーバーナイト金利 / CFD取引の特徴

オーバーナイト金利とは、FX取引におけるスワップ金利と似たようなものです。オーバーナイト金利とは、CFD取引において株式等を購入した場合、各国の政策金利に応じた金利を支払い、逆に株式等を空売りした場合は逆に金利を受け取ることができるというしくみです。

スワップ金利のしくみ

まず、オーバーナイト金利のしくみを考える際に、FX取引におけるスワップ金利について考えて見ましょう。スワップ金利のしくみとしては、たとえば、1ドル110円の為替レートで1万ドルを両替したとき、110万円が必要になります。また、前提条件としてドルの金利年5%、日本円の金利が1%とします。

このとき、為替レートの変更がないものとして、1年間ドルを保有していた場合、金利として500ドルを受け取ることができます(日本円換算55,000円)。対して日本円を110万円ドルに交換しないで穂湯していた場合は11,000円の金利をもらうことになります。
この差額は55,000-11,000=44,000となり、この44,000円がスワップ金利となるわけです。

では、スワップ金利はどういったときに発生するのかというと、特定の通貨を売り、特定の通貨を買ったとき、それぞれの通貨における金利差分の支払いまたは受け取りが生じるのです。

上記の例で言うと、円を売り、ドルを買うというポジションを持つ人は、差額であるスワップ金利44,000円を受け取ることができます。逆に円買い、ドル売りというポジションを持つ人は差額であるスワップ金利44,000円を支払う必要があるのです。
スワップについてはFXにおける仕組みと同じです。さらに詳しく知りたい方は「スワップのしくみ/FX基礎知識(外部サイト)」などをご参照ください。

 

CFD取引におけるオーバーナイト金利

では、CFD取引ではどのようにして金利の交換というものが発生するのでしょうか?CFD取引を行う場合、「対応した通貨を売って、対応する株式を買う」という流れになります。この場合、スワップでいう「円を売ってドルを買う」のと同じことになります。

この場合、株式から発生する金利を受け取り、売った通貨の金利を支払うということになりますよね?では、売った通貨の金利というものは何かというと、買った株式に対応する通貨です。

例えばトヨタ自動車の株をCFD取引で購入する場合、円を売ってトヨタ株を買うと言うことになります。この投資家はトヨタ株を購入したことにより得られる金利を受け取り、円の金利を支払うということになります。つまり、トヨタ自動車の株式を購入した投資家は円を借りたときの金利を支払う必要があります。この金利というものは、各国の政策金利(公定歩合)の水準によりCFD取引業者が決定しています。

逆に、トヨタ自動車の株式をCFD取引で空売りした場合はどうなるでしょうか?この場合は逆に円を借りたときの金利を受け取ることができるのです。

 

CFD取引におけるオーバーナイト金利の発生条件について

言葉だけでは、なかなか分かりにくいと思いますので、オーバーナイト金利について、図表にして説明します。ここでは、仮にトヨタ自動車の株式をCFD取引で売買するときのオーバーナイト金利について説明します。

 
オーバーナイト金利
配当時
買い方(CFD取引で買い)
政策金利+αを支払う
配当相当額を受け取る
売り方(CFD取引で空売り)
政策金利+αを受け取る
配当相当額を支払う

上記のようになります。政策金利+αのα部分はCFD取引業者の手数料分と考えてください。概ね1〜2%程度になっていることが多いです。
こうすると、CFD取引では空売りが有利になるように感じますが、一点注意が必要なのは「配当時」と書いたものです。

最初に書いたように、トヨタ自動車の株をCFD取引で購入した投資家は「株式から発生する金利を受け取り、売った通貨の金利を支払う」と書きました。売り手(空売りをした投資家は逆ですね)

つまり、CFDの買い手は「株式から発生する金利=配当金」を受け取ることができ、逆に売り手は配当金相当額を支払う必要があるのです。ただし、株式の配当金は通常決まった日に保有している投資家に分配されますので、CFD取引で売り手となっている投資家はその日はポジションを持たないことでこの支払いを回避することはできます。

 

 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]