CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイドCFDの基礎知識CFD取引のリスク管理>レバレッジ管理は徹底する

レバレッジ管理は徹底する

CFD取引は投資資金の数倍〜数十倍の取引が可能です。仮にレバレッジを20倍で取引した場合、たったの5%の変動割合が預託資金全額と同じ値動きをすることになります。ここでは、CFD取引とレバレッジ管理の重要性を分かりやすく解説します。

レバレッジは資産の性質に合わせてしっかりと管理しましょう

さて、あなたは投資をする上で、どのくらいのレバレッジであれば大丈夫だ!と思いますか?CFD取引をする上ではレバレッジをしっかりと管理しておく必要があります。特に、CFD取引では、個別銘柄も含めた株式の証拠金取引です。

例えば、リスクが高いと昔から言われている株式の信用取引ですが、この信用取引でとることができる最大のレバレッジは何倍だかご存知ですか?場合にもよりますが、最大で3倍とちょっとです。

これに対して、CFD取引は20倍程度までのレバレッジをかけることができる取引です。レバレッジは資産を効率的に運用する上で欠かせないツールではありますが、同時にリスクを増大させるという諸刃の剣です。

 

CFD取引をする上での最適なレバレッジは何倍?

CFD取引をする上での最適なレバレッジについてですが、これは投資家各自のとりうるリスク許容度により異なりますので一概には言えません。ただし、管理人が考えるリスクの取り方は以下のように考えています。

・レバレッジ1倍〜2倍
通常の範囲内で運用するであれば問題ないレベルであるといえるでしょう。特に運用資金があなたの投資可能資金のうち多くの割合を占めるのであればこの程度のレバレッジ倍率を平常とすべきです。(例えば、投資できる資金が100万円で、100万円をCFD取引につかうばあいなど)

・レバレッジ3倍
上記のように、投資可能資金のうち多くをCFD取引に使うのであれば、レバレッジ3倍程度がナンピン買いも含めて上限にすると良いと思います。

・レバレッジ5倍〜10倍
もしも投資可能資金の多くをCFD取引につぎこんでいるのであれば明らかにオーバーリスクだと思います。特に個別銘柄では株価が10%近く変動するのは珍しいことではありません。もちろん投資の対象にもよりますが自重しましょう。
なお、以下で説明するようにオプション取引的な考えとしてCFD取引をする場合はこの限りではありません。

・レバレッジ10倍以上
レバレッジ10倍以上をとるという場合は原則としてCFD取引に回す資金はオプション取引のオプション料と同じように考えましょう。例えば、投資にまわすことができる資金が100万円あるとして、そのうちの10万円をCFD取引にまわしたとします。この場合でレバレッジ10倍の取引をしたとしても、総投資可能な資金からみればレバレッジは1倍となります。
このように、レバレッジを10倍以上にするような時は仮に相場が大きく動いた場合、CFDに投資している資金の全額が失われたとしても資産全体から見たらリスクとして限定的になるようにしておきます。また、しっかりとしたロスカットルールを定めておくことが大切です。

 


 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]