CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイド

CFDとは、証拠金を用いた株式、債券、コモディティの取引方法です。国内外の株式や債券を証拠金を用いることで、簡単に売買することができる制度です。当サイトでは、魅力のある証券CFD取引について解説するアドバイスサイトです。

CFD取引で海外株や株価指数・債券取引もカンタンにできる

CFD取引という言葉あまりなじみが無いかもしれませんが、ヨーロッパで主に利用されてきた取引方法で現在では、欧州市場における株式の売買高の30%を占めているとされている証券の取引方法です。日本でも2008年の後半からいくつかの証券会社でサービスの提供が始まっており注目されているキーワードです。

CFD取引の魅力は投資することができる投資商品の多さにあります。米国株・英国株などの欧米やアジアなどの海外の個別銘柄はもちろん、日経225(日経平均)やNASDAQなどの国内外の株価指数先物も取引ができるようになっています。CDFの魅力はこれらの投資商品を「CFD」という名前の元に一元管理をすることができるという点が挙げられます。

CFD取引の人気業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る

 

CFD取引のメリット

CFD取引には、従来の株式投資や先物投資などとは異なる様々な特徴やメリットがあります。

豊富な取引商品

CFD取引では、豊富な投資商品の数も魅力の一つです。海外株式・債券・国内外の株価指数・商品など従来はそれぞれ別々の投資商品として取引されている商品でもCFD取引でなら一つの商品としてカンタンに売買することができます。

高いレバレッジで効率的運用・限月がない

証券CFD取引においては株式の個別銘柄も株価指数取引においてもレバレッジ(てこの原理)を使うことができますので、小額の資金からでも投資が可能となっています。そのため、効率的な資産運用が可能です。また、株価指数など先物やオプションで取引をする場合は、通常限月(げんげつ)と言うものが定められており、一定期間しか投資できませんが、CFD取引の場合、半永久的にポジションを持つことも可能で、長期的な投資も可能となっています。

空売りもできる。さらにオーバーナイト金利を貰うこともできます

CFD取引でも信用取引やオプション取引などと同じように、株式や株価指数の空売りをすることもでいます。このため、上昇相場だけでなく、下落相場でも収益を生み出すチャンスがあります。さらに、オーバーナイト金利を貰うこともできます。

 


証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]